風流 「茨木」

8番運行
歌舞伎部門

風流「茨木」

南本町若連囃子:不明
1966_08

解説

古い奈良時代のお話しです。
大和の羅生門の近くに怪しき鬼女が出没し都の人々を悩ますとの噂を聞かれた時の天皇は源頼光に鬼を退治するよう命じました。源の頼光の家来渡辺の綱は武勇すぐれた若者でしたので、たつた一人羅生門に行き、現われ出た鬼女と戦い、その片腕を切り落しました。
「悪鬼は七日の間に必ず仇討ちに来るものだ……」との話に渡辺の綱はこの間その片腕を金の箱に入れて大事に保存しておりました。丁度七日目に津の国から伯母がたずねて来て、一度鬼の腕を見せてくれと何回も頼みました。綱は「帝の命により見せる事はならぬ」と断りましたが再三願われましたので、ちよつと出して見せた処「おゝなつかしき我が腕よ」と伯母はむんずと腕をつかみ取り忽ち鬼女の姿に変じて天空高く飛び去りました。
戻る