風流 紅葉狩|新庄まつり公式ホームページ|ユネスコ無形文化遺産登録 | 国指定重要無形民俗文化財|山形県新庄市

風流 紅葉狩

18番運行
歌舞伎部門

風流紅葉狩

川西町若連囃子:小泉囃子若連
2014_18_01

解説

平維茂が紅葉を見に戸隠山に出かけ たところ、酒宴を張る先客がいた。美しい 更科姫と共の者たちだ。姫が「一赭にどう ぞ」と誘うので、それではと酒宴に加わ りもてなされ、すっかりくつろぐ維茂。 更科姫のあでやかな舞姿を見ているうちに、 うとうととまどろんでしまう。そんな維守茂を、更科姫は一瞬、見据えると共の者た ちといずこかへ。やがて秋の日が傾いたころ、どこかか山上が現れて「 鬼に気をつ けろ」と 足を踏み鳴らして維茂を起こそ うとする。目党めた維茂は更科姫が怪しいと気付き、鬼退治をしてやると山の奥 へと踏み込んでいく。その後、凄まじい形 相の鬼と化した更科姫と維茂の対決が 始まる。

戻る