風流 茨木|新庄まつり公式ホームページ|ユネスコ無形文化遺産登録 | 国指定重要無形民俗文化財|山形県新庄市

風流 茨木

10番運行
歌舞伎部門

風流茨木

東本町若連囃子:升形囃子若連
2014_10_01

解説

平安中期、源頼光四天王のひとり渡辺網は、武勇優れた武将であった。ある日、時の帝の命により京の羅生門に出没する鬼女を退治に出かけ、見事に鬼の片腕を切リ落とした。「鬼女は必ず腕を取 リ返しにやってくる。七日の間は腕を祀 り、人目に晒してはならぬ。」と陰陽師よ リ助言され大切に祀っていた。数日の後、 遠方より伯母が訪ね「一度その腕を見せておくれ。」と懇願するが、網は「見せる ことはならぬ。」と何度も断るものの、ついには断リ切れずに少しだけ見せること にした。すると、伯母は鬼の手を掴み取 り「おお、懷かしき我が腕よ。」と、たちま ち鬼に姿を変え、そのまま天高く飛び去って行ってしまった。

戻る