風流 義経千本桜【川連法眼館の場】|新庄まつり公式ホームページ|ユネスコ無形文化遺産登録 | 国指定重要無形民俗文化財|山形県新庄市

風流 義経千本桜【川連法眼館の場】

9番運行
歌舞伎部門

風流義経千本桜【川連法眼館の場】

北町若連囃子:萩野囃子若連
2014_09_01

解説

川連法眼館の場は源九郎狐の親狐に 対する情愛を見せる芝居である。佐藤忠信に化けて静御前に付き添っていた源九郎狐。ところが法眼の館で本物の忠信と対面し、もはやこれまでと正体を明かす。義経が後白河院より下賜され静御前に預けた初音の鼓は千年生きながら えた自分の父狐、母狐の皮を使ってつく られたもので、親と離れがたく忠信に化けて静御前をお守りしていた。ただ正体が知れた上はこれ以上忠信に迷惑をか けられないと去っていく。その親を思う 心に涙した義経は源九朗狐を呼び戻し、 今まで静御前を守ってくれた褒美にと 初音の鼓を与えるのであった。義経千本桜の中の名場面である。

戻る