風流 助六縁江戸桜

2番運行
歌舞伎部門

風流助六縁江戸桜

北本町若連囃子:山屋囃子若連
2014_02_01

解説

江戸吉原で全盛の花魁揚巻の愛人である花川戸助六は、武士の髭の意休と対立する。さんざんに悪態をついて喧嘩を しかけて意休を怒らせ刀を抜かせようと する。助六は會我五郎の仮の姿で源家の重宝友切丸の行方を詮議していた。その事を曾我十朗に打ち明けたところ、それならば自分も捜そうと一緒になって捜し 始める。そんな矢先、助六と揚巻の色模様の場に意休が現れる。助六は発見され、 意休が刀を抜いて香炉台を切った。その刀がまさに友切丸であった。助六は刀を奪い返す。江戸っ子の代表のような助六と、意地と張りを特徴とした吉原の遊女揚巻、悪所を背景にして展開する大衆の祝祭劇である。

戻る