神輿渡御行列

本まつり

新庄まつりは最高潮に

新庄天満宮の例大祭である8月25日の本まつり。
藩政時代を思わせる古式ゆかしい神輿渡御行列、宵まつりとは違った表情を見せる本まつり山車行列。
新庄市中は勇壮なまつり囃子と粋なかけ声が包まれ、新庄まつりは最高潮に達する。

本まつり山車行列

催事案内

新庄天満宮
7:00〜

天満宮例大祭

最上公園の南西隅に位置し、新庄藩主戸沢家の氏神として尊崇された神社「新庄天満宮」。新庄まつりの起源とされている祭礼「天満宮祭り」が始まったの宝暦6年(1756)。夏の終わりを感じさせる澄んだ空気の早朝、当時を忍ばせるおごそかな雰囲気のもと、天満宮例大祭が執り行われます。

最上公園
8:30〜

まつり行列出発式

天満宮例大祭に続き、最上公園ではまつり行列出発式が行われます。各若連代表、新庄藩の武士になりきった氏子総代、1番運行を引き当てた山車が集まり、本まつりの成功と安全を祈願します。

最上公園
9:00〜

神輿渡御行列

神輿渡御行列に参加する氏子総代、各小頭等の面々約200名は、新庄藩の武士になりきって神輿の警護にあたります。傘回しの妙技、挟箱や熊の積み毛を持つ伊達衆の息の合った足さばき、猿田彦、神輿など数多くの見所を堪能できます。

9:00
最上公園出発
9:45頃
アビエス到着
15:10頃
石川町ごきげん通り通過
15:45頃
最上公園到着
最上公園
10:00〜

本まつり山車行列

神輿渡御行列に続き、山車行列が駅前通りを巡行し、駅前ふれあい広場「アビエス」に向かいます。宵まつりとは違った表情を見せる山車、勇壮なまつり囃子に合わせた粋な法被姿の若連集のかけ声が会場を包み、本まつりは最高潮に。

10:00
老人福祉センター前出発
10:40頃
アビエス到着
16:00頃
雪の里情報館 山車解散

催事予定